初めての一人暮らしでお金の感覚が麻痺

私は大学生時代に一人暮らしを始めました。

それまでずっと両親に頼りっきりだった私は、一人暮らしがどの程度大変か、どのぐらいお金がかかるかがまったく分かっていませんでした。

貯金はそれまでにお年玉などを貯金しておいてくれたものが10万ほどと、さらに両親が毎月振り込みを5万円ほどしてくれていました。

しかし、大学生になり浮かれていた私は友達と豪遊し、あっという間にお金を使い切ってしまったのです。そこで、プロミスでお金を借りたのです。

新しくできた友達と遊び、その借りたお金もドンドン減って行きました。友達とパチンコに行ったり、カラオケで騒ぎまくったり、とにかくお金を使ってしまったのです。そして、お金が無くなったらまた借りました。

最初の数回は抵抗もあったのですが、とにかく楽しみたくて、何度もお金を借りてしまい、次第に感覚が麻痺していきました。その結果、かなりの借金を背負い、両親にも隠し通せる状態ではなくなってしまったのです。

完全な自業自得です。最終的に両親がすべてのお金を返済してくれました。私はすごく後悔し、社会人になった後、なんとかそのときのお金を両親に返すことができました。

今思うと良い経験になり、私を一歩大人に近づけてくれたできごとでした。

このページの先頭へ