日々の生活費のために・・・

当時、結婚2年目。私自身は保母さんとして働いていて彼は普通のサラリーマン。

ところが「以前から夢だった」と彼は板前さんになりたい、と話し始め結局転職。お給料も月15万と言う修行の身になってしまいました。しかも勤務は午後から夜にかけて。

すっかり昼夜逆転してしまいすれ違いの生活状態・・・。最初のうちは手紙交換などで凌いでいたのですが、お給料の面も考えて、私も転職する事にしました。転職先は某英会話学校のスタッフ。

勤務も午後から夜にかけて、だったのでこれは好都合と飛び込みました。保母時代よりもお給料よく、順調な滑り出しだったのもつかの間・・・。殊の外「勤務状況」が大変で、国内出張などもしばしば・・・。

そうなると家を空ける事も多く出張費も「後清算」なので日々の生活費をまわすのが苦しくなりました。会議が長引いてタクシーなども利用せざるを得ない、なんていう日々もあり。

仕事経費と生活費のためにてっとり早く借りられる、と、つい借りてしまったのが最初。

後は自転車操業の様に「借りる→清算→返済」の繰り返し。結果、貯金が出来る状況を作り出せず余裕がない状態になり、彼ともうまくコミュニケーションが出来ず(もちろん彼には内緒にしていたので)最終的には離婚になりました。

生活を変える時に全て返済して「無」の状態にはなりましたが、やはり精神的な苦痛も伴い、いい勉強になりました。

このページの先頭へ