夫の保険適応外手術費にプロミスで借りました

夫に内緒でパチンコにハマっていました。

買ったり負けたりで大幅な預金の目減りはなかったものの、ハマり始めてから5年。改めて預金通帳を見ると20万以上は預金が減っていました。

けれど夫は真面目で欠勤した事はありません。会社からの信頼は厚く毎年昇給し、生活費は確保できています。いけない事とは思いながら、専業主婦の身でパチンコを続けていました。

しかし悪い事は続けられないものです。バチが当たってしまいました。

夫が夜中に突然背中の痛みを訴え出したのです。すごい脂汗で、我慢強いはずの夫がうなり声をあげています。急いで救急病院へ連れて行くと、腎臓結石だと言われました。

取り敢えず強力な痛み止めを2日分処方してもらいましたが、朝必ず病院へ行ってください、と言われました。朝になって病院へ連れて行くと腎臓に大きな石の影が。大きすぎて自然に出すのは難しいので、手術にするか保険適応外の治療をするか選択を迫られました。

手術なら何日も入院しなければならない。保険適応外の治療なら1日の入院で済むが治療費は10万近くかかるとの事。夫は、仕事は休みたくないので保険適応外の治療を望みました。夫がそう決めてしまえばそれに従うしかありません。

しかし私のパチンコのせいでかなり預金額は目減りしていました。この上10万近い治療代など出せばさらに預金は減ってしまいます。しかも手術費入院費は前払いでした。親に借りようと思いましたが「なぜ貯金がないの」と責められるのも嫌で、かといって友達に借りるなんてありえません。

仕方ないので消費者金融の「プロミス」に借り入れをお願いしました。無事に手術は終わって夫はすぐに仕事復帰しました。そして私もまた以前の生活に戻りました。

ただパチンコのお金は「プロミス」から借りています。夫のお給料はそのまま預金通帳に行くので、上手に返済と借り入れをすれば、預金は減らさずにまた増えていっています。

このページの先頭へ